協会運営3カ年計画について

 香川県精神保健福祉士協会では、2011年度より協会運営6ヵ年計画として、協会運営の柱を年度ごとに設定し、統一性のある運営を行ってきました。6年間のテーマは、「原点」、「倫理」、「かかわり」、「葛藤」、「つながり」、「原点」とし、精神保健福祉士の専門性を深めてきました。

 2017年度からは、これまでの6ヵ年計画を引き継いだ上で、協会運営3ヵ年計画を設定し、統一性のある協会運営に取り組みます。

 協会運営3ヵ年計画は、1年目「学びを深めるPSW」、2年目「育ち合うPSW」、3年目「社会で活きるPSW」をテーマとして掲げます。それぞれのテーマのもと、自分、仲間、社会へと視点を広げながら、自らの日常的な実践を振り返り、深め、精査していくことを通して、精神保健福祉士としての質の担保と向上を目指しつつ、職能団体としての組織の凝集性と発展性を高めることを目的としています。

 2017年度のテーマは「学びを深めるPSW」です。PSWである自分自身に焦点を当て、6ヵ年計画で培ってきた原点、倫理、かかわり、葛藤などに焦点を当てた定例研修会企画やかがわPSW通信等の充実に取り組みます。